覚王山ハウスの約束

覚王山ハウスはお約束します。

1. 電話でのしつこい営業等は一切致しません。

2. ご来店時に強くご契約を迫ることは一切致しません。

3. いわゆる「おとり広告」やそれに類する行為は致しません。

4. お客様とご入居物件とのミスマッチを防ぐよう努力致します。

5. お客様の「わかりやすさ」を重視し致します。

6. ネガティブな情報の伝達を含め「情報の客観性」「情報の透明性」を重視致します。

7. 関係法規を遵守し常にお客様の利益を優先して行動致します。

不動産屋に電話する時ドキドキしていませんか?

ドキドキと言っても、ワクワクドキドキの方ではなくて、何だか不安なドキドキです。

「気になる物件をネットで見つけて電話したら、とにかく来店するように強く勧められた。」「お店に行ってみたら、自分が詳しく知りたかった物件以外ばかり勧められた。」「他の入居者が決まる可能性が高いからとにかくすぐ申込するように言われた。」という経験や、お友達からの話で、不動産屋は何だか敷居が高いと感じる方が多いかも知れません。

ぶっきらぼうだったり、態度の悪い人だったらどうしよう…なんてことまで心配する方もいらっしゃるかも。

そこまででなくても、「お店に行ったら見学を勧められるだろうし、見学したら決めなきゃいけないムードに耐えられなくなりそう…。」ということで、不動産屋には、覚悟を決めてから(笑)電話するという方もおられるでしょう。

でも、最近では、不動産ポータルサイトや各不動産会社のサイトから、メールで問合せが出来るようになりました。これはお客様にとっては気軽で良い方法だと思います。ただ、やっぱり結局は「とにかく来て下さい」と言われたり、あちこちの不動産屋さんとやりとりするのが面倒になったり…。

ご存知ないお客様も多いのですが、多くの賃貸物件はそれを管理している不動産会社さんでないと扱えない訳ではありません。不動産会社の間では物件情報が共有されており、他社が管理している物件をその会社の承諾を得て自社のお客様に紹介するということは日常的に行われています。(ちなみに、仲介手数料には法定上限があって、不動産会社が間に何社入ろうと変わりません。)

お部屋探しの方法は色々ありますが、どんな探し方をするにせよ、愉快でない想いをしたり、「押し切られた」感じが残ったり、何よりご自分に合わないお部屋に引っ越すのは誰しも望まないことです。

煩わしい想いをせず、そして何よりも安心してお部屋探しを任せられる、そんな評価をお客様から頂けるよう「覚王山ハウスの約束」を守り日々努力してまいりますので、お気軽にご利用下さい。

ドキドキ=ワクワクドキドキなお部屋探しを。